摂取量

悪玉を減らす効果に関して

健康診断を受けると中性脂肪が多いと注意される人が増えています。
最近ではメタボの人やメタボ予備軍がとても増えています。

メタボは体内にある中性脂肪が増加してしまっている状態を指します。
食生活が乱れた状態が続いている人、運動不足や過剰なストレス、喫煙なども原因といわれています。
多くの人がこれらの原因に思い当たる節があるのではないでしょうか。

これらの中性脂肪は、悪玉コレステロールとして増加していきます。
すると血管に蓄積してしまい動脈硬化などの病気の原因になります。
動脈硬化を放っておくと、脳卒中や心筋梗塞などの心臓病へのリスクがとても高くなります。
それ以外でも糖尿病などの発症にもつながります。

これらの悪玉コレステロールは毎日の食生活を変えることで減少させることができます。
そんな食生活に加えたいのが、イソフラボンです。
イソフラボンは大豆製品に多く含まれていて、コレステロールを抑制する働きがあります。
さらには悪玉コレステロールを抑える働きがある善玉コレステロールをイソフラボンは作りだすことができます。
このイソフラボンにはグリコシド型 とアグリコン型の2種類があるそうです。

悪玉コレステロールは、肉や魚、乳製品などの動物性食品に含まれています。
大豆製品は、植物性の食品なので安心して摂取することができます