摂取量

枝豆でイソフラボンダイエット

イソフラボンは多くの美容効果があることが知られています。
イソフラボンというとまず一番最初に思い浮かべるのが大豆ではないでしょうか。
大豆そのもの以外でも豆腐や納豆などの加工食品でも摂取ができます。
なので日常の食生活でもなじみがあるものが多く、取り入れやすい成分だといえます。
ただし、大豆そのものは水に戻す時間が必要で、アレンジが少ないため頻繁に食べる人が少なくなっています。

そこで調理などが簡単で、食べやす食品の一つに枝豆があります。
枝豆も大豆と同じくイソフラボンが含まれている食品です。
イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあるのが特徴です。
特にダイエット中の女性は、ストレスや食生活の変化などから女性ホルモンのバランスが崩れやすいです。
なので枝豆で女性ホルモンを摂取しながらダイエットをしてみましょう。

枝豆がダイエットに向いている要因としては、カロリーが低い食品ということです。
大豆の約3分の1のカロリーなので安心して食べることができます。
そして食物繊維も豊富に含まれていて、満腹感を得やすい食品だといえます。

さらに枝豆には、脂肪の吸収を抑制する働きがある、サポニンという成分が含まれているのが特徴です。
このことから、よりダイエットに向いているといえるでしょう。
つい間食などをしてしまう人は枝豆に変えたり、食事の前に枝豆を食べるように心がけて摂取しましょう。

↓イソフラボンの吸収を高めるおすすめの組み合わせ