摂取量

イソフラボンの選び方

イソフラボンは美容効果が高く、アンチエイジングに効果があることが分かっています。
それはイソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるためです。
女性ホルモンは、年齢とともに減少してしまうことで、シワやたるみなどの予防に効果があります。

イソフラボンというとまず一番最初に思い浮かべるのが、大豆ではないでしょうか。
大豆はレシピが少なく、調理が苦手という人もいるでしょう。
そこで同じイソフラボンを摂取できる方法として、大豆の加工製品があります。
豆腐やみそ、醤油、納豆、きな粉、豆乳などいろんな製品があります。
なので多くの食品から摂取することで一日の摂取量を確保しやすいといえます。
なかでもきな粉は牛乳やヨーグルトに混ぜたり、デザートにも使用できるのでアレンジしやすく飽きずに摂取することができます。
また、朝時間のない方にはhttp://www.synchroboards.com/change.htmlで紹介されているような豆乳を使った流行りのスムージーなどがおすすめです。
豆乳とバナナやお好きな果物をミキサーで混ぜるだけで簡単に作れますしとても腹持ちが良いです。
時間のない朝でもささっと飲んでいけるアレンジメニューです。

最近では大豆イソフラボンよりも40倍もの女性ホルモンを摂取できる成分があります。
それがプエラリアミリフィカという成分です。
タイに自生する植物で、サプリメントで摂取することができ人気が高まっています。
特にバストアップ効果が期待できるので、バストで悩んでいる人にはお勧めです。
毎日の食生活で手軽にとるのであれば大豆イソフラボンがお勧めです。
食事で体内に摂取していくことは大切ですが、他にもイソフラボン配合の化粧水やパックを使って直接お肌に美容成分を浸透させることもできます。
これによってムダ毛を抑制できたり美白効果が期待できます。
乾燥しやすい方は化粧水をコットンにたっぷり染み込ませパッティングするともち肌になれますよ。

↓人気のイソフラボンランキング