摂取量

イソフラボンでガン予防

今日本での死因第1位はがんです。
がんは体のあらゆるところに発生してしまう病気です。
そしてがんの発生の理由としてあげられるのが生活習慣病です。

生活習慣病は毎日の食生活、運動不足、精神的なストレスなどによっておきてしまう病気のことです。
食生活では和食から洋食がメインになり、運動不足や人間関係や仕事でのストレスを抱え込みやすくなっています。
これらの生活習慣病は、体内に活性酸素を発生させてしまい近くにある細胞を破壊してしまいます。
その際に発生してしまうのが、がん細胞です。
がん細胞は健康的な細胞を次々に破壊して、より多くのがん細胞を生み出してしまういます。

そこでがん予防をするためには、がん細胞発生しないように抑制する必要があります。
効果的な栄養素をして注目されているのがイソフラボンです。
イソフラボンに含まれるゲニステインには、がん細胞を抑制する働きがあるのでがん予防につながります。

またイソフラボンには女性ホルモンに似た働きをするエストロゲンが含まれています。
女性ホルモンの変化で発症しやすい乳がんの予防にとても効果的だといえます。
そのほかにも生活習慣病によっておきやすい大腸がんや、胃がん、前立腺がんの予防にも効果があることが分かっています。
イソフラボンは大豆製品に多く含まれているため、昔ながらの和食中心の食事をすることで自然と摂れる成分です。
また、豆乳のようなイソフラボン飲料からも摂取できますし、サプリメントとしても売られています。