摂取量

がん対策にイソフラボン

日本で死亡率が最も高いのが、がんです。
日本人口の4人に1人はがんになるといわれています。
最近では有名人ががんを告白したり、がんで亡くなるニュースが増えたと感じます。

がんの恐ろしいところは、初期症状がほとんどなく、初期状態で発見するのが難しいことです。
そして若い年齢で発症してしまうと、進行が早く死亡率が高くなってしまうのも特徴です。

がんにかかりやすい生活習慣を見直す中で、最も重要なのが食生活です。
私たちの体は毎日摂取する食べ物によって形成されています。
なのでがん予防に効果的な食べ物を積極的に摂取していく必要があります。

がん予防に効果があることで注目されているのがイソフラボンです。
イソフラボンは大豆に多く含まれている成分です。
イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあるのが特徴です。

一番の効果が期待できるのが乳がん予防です。
実際にイソフラボンが含まれている食品を好んで食べている人の方が、食べていない人に比べてがんの発症率が40%も低下していることが分かっています。
乳がんは女性ホルモンのバランスによって発症しやすいため、より効果がえられるといえます。

そのほかにも大腸がん、子宮がん、前立腺がんなどの予防にも効果がるといわれています。
いつどのような形でがんを発症するかわからない時代だからこそ、がん予防にイソフラボンを積極的に摂取しましょう。

イソフラボンにはがんの予防効果の他にもhttp://xn--eck7bvd2a5dzct376ag68a.com/に載っているようなアンチエイジング効果やホルモンバランスの乱れで起きる辛い更年期障害の緩和効果などもあります。