摂取量

女性ホルモンとイソフラボンの関係

女性はいつまでたっても若々しくきれいでいたいと思うでしょう。
その際にとても重要になるのが女性ホルモンの分泌です。
女性ホルモンは、女性らしい体を作りあげるために必要な成分です。

女性ホルモンは10代から20代前半が分泌量が活発になります。
その後20代後半から徐々に減少し始め、40代後半になるとピークの半分ぐらいしか女性ホルモンが分泌されなくなります。
女性ホルモンが減少すると肌のハリや弾力が衰え、シワやたるみやシミなどが目立ちやすくなります。
また50代になると閉経が近づく前後には、女性ホルモンが一気に減少します。
これによってホルモンバランスが乱れて、更年期障害などを引き起こしてしまいます。

食事で女性ホルモンを摂取するために効果的なのがイソフラボンです。
イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあります。

イソフラボンが含まれている食材として代表的なのが大豆http://www.texasaptfinder.com/daizu0006.htmlです。
大豆以外でも大豆の加工品である豆腐、納豆、豆乳、油揚げ、味噌、醤油などにも豊富に含まれています。
これらの食品で思い浮かべると、和食に多く含まれるというこがわかります。
和食では大豆加工品をたくさん使用して調理されます。
さらに健康的でカロリーも低くヘルシーなメニューが多いです。
そんな 和食中心の食生活にすることで自然と一日に必要なイソフラボンの量を摂ることができるので、
日本人の食事が欧米化しつつある中で、もう一度和食に注目して女性ホルモンを摂取してみましょう。
イソフラボンの摂取で不安も解消できます。