摂取量

海外で注目のイソフラボン効果

女性でも男性でも年齢を重ねるごとに、若々しくいたいと思うのではないでしょうか。
若々しく保つために効果的な成分の一つにイソフラボンの存在があります。
イソフラボンは主に、大豆製品に含まれています
もちろん大豆の加工製品である、納豆や豆腐、油揚げ、味噌、醤油などにも豊富に含まれています。
なので日本人の生活の基本である和食で自然とイソフラボンを摂ることができるのです。
食事での一日の摂取量目安はhttp://galgame.jp/anime.htmlにかいてある通りなので、和食を食べていれば必要な量は簡単に摂ることができます。

そんな日本食が今では海外でも注目され、多くの日本料理専門店があります。
その背景には、海外でもイソフラボンの成分がとても注目されているということがあげられます。
外国人に多いメタボリック症候群などが社会問題にもなりつつあります。
そんな食生活の改善にも和食は大きく影響をもたらしています。

和食に多いイソフラボンには女性に嬉しい効果がたくさんあり、
代表的なものだと
・美容効果http://www.femexplorers.com/skinhair.html
・ダイエット効果http://www.haringspridecatfish.com/daietto.html
・バストアップhttp://www.indieking.com/nitaseisitu.html
・老化予防http://ichibangai.jp/rou.html
などがあります。

また医学的にもコレステロール値の減少、がん予防、骨粗鬆症、
更年期障害の症状緩和http://www.diningcompass.com/koune.htmlなどの効果があります。
これだけ多くの効果が得られるイソフラボンは、海外でもとても魅力的だといえます。
さらに日本食は、海外のメニューに比べるととても健康的でカロリーも抑えられています。
どんな人でも安心して楽しめる食事だといえます。