摂取量

きなこで出来るイソフラボン摂取

イソフラボンと聞くと多くの人が大豆を思い浮かべます。
大豆には豊富なイソフラボンが含まれている代表的な食品です。
しかし大豆というと、食べるためにはまず水で一日おいて戻してから調理しなくてはいけません。
今ではすぐに使用できる水煮など便利なものもあります。
しかし煮豆以外に調理法などが少なく、アレンジしにくいことから毎日摂取するには難しいといえます。

イソフラボンを摂取するために有効的な食品としてお勧めなのが、きな粉です。
きな粉と大豆の加工品の中でもイソフラボンの含有量が多い食品です。
なので少量で一日の摂取量が確保することができます。
イソフラボンの一日の上限である75mgをきな粉で摂取しようと思ったら、大さじ8杯ぐらいになります。
ベストな摂取量である50mg摂取するためには、大さじ5杯ぐらいが目安です。

きな粉が効率がいい理由としてあげられるのが、アレンジがしやすいことです。
例えば、牛乳に混ぜて飲んだり、ヨーグルトにかけて食べる、ホットケーキに混ぜて焼くなどがあります。
甘いものが好きな人はきな粉を使ったデザートhttp://muine-player.org/kin.htmlなどがお勧めです。

きな粉であれば、外食が多い人でも飲み物として摂取できるため、毎日の食生活に取り入れやすいといえます。
一日の食生活を振り返って、今日はイソフラボンが摂取できていないなと思ったらきな粉を取り入れてみましょう。

きな粉以外でイソフラボンが多く含まれている食品はこちらに載っています。
こちらのサイトではベスト量である50mgをそれぞれの食品で摂るにはどのくらい食べれば良いのかもわかりやすく載っていますのでとても参考になりますよ。
また、食事からではなく肌に直接塗るスキンケア商品にも配合されているものがありますので、今使っているものがなくなったらイソフラボン配合の化粧水に切り替えてもよさそうですね。