摂取量

イソフラボンのメリットデメリット

イソフラボンは今いろんな場所で見かけるようになりました。
一番多く含まれているのが、大豆製品です。
大豆はもちろんのこと大豆の加工品にも豊富に含まれています。
調味料でいえば、醤油や味噌にも含まれていたり、加工食品では納豆や豆腐や油揚げなどよく食卓にのぼるものが多いです。

イソフラボンが注目されているのには、豊富な栄養素がメリットといえます。
特に女性にとっては、年齢とともに減少してしまう女性ホルモンを補う働きがあります。
女性ホルモンが減少してしまうと、体に大きな変化が生まれてきます。
若い女性にとっては、妊娠や出産など女性ならではの機能の低下につながってしまいます。
また中高齢になると、更年期障害の症状が悪化http://www.aardvarq.net/iso002.htmlしたり、
肌や髪の毛などハリが無くなってします
このように女性らしい体には、イソフラボンのように女性ホルモンの働きを据える成分が重要になります。

しかしイソフラボンの摂取にはデメリットもあります
それは過剰摂取です。
日常の食生活の中でイソフラボンは摂取しやすい成分です。
1日当たり75mgが上限となり、それ以上は過剰摂取に当たります。
過剰摂取してしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、生理の周期が乱れたりhttp://ancientgreece-earlyamerica.com/07daizu.htmlにもかいてあるように生理痛が重くなったりしてしまいます。
それだけでなく婦人病のリスクが高くなり、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病にかかりやすくなります。