摂取量

イソフラボンで乳がんの発生率が減少

今日本人の死亡率で最も高いのが、がんとなっています。
4人に1人ががんになる時代で、早期発見が難しく死亡率が高いのが特徴です。
中でも女性特有のがんとして注意が必要なのが乳がんです。

乳がんは若い女性から50代前後でも発症しいやすいがんの一つです。
初期症状がほとんどないため乳がん検診を行わなければ早期発見が難しいとされています。
乳がんになりやすい人の中には、出産経験がない人、初潮年齢が早い人、閉経が遅い人などがあげられます。
これの原因の共通点は、女性ホルモンの分泌に大きく関わっています

乳がんは女性ホルモンの分泌する期間が長い人ほど、発症率が高くなっています。
妊娠中や授乳中は女性ホルモンの分泌が低下するため、出産していない人の方が乳がんのリスクが高くなります。
これらのことを考えると、女性ホルモンの働きをするイソフラボンは乳がんの発症率を高めるのではと思うでしょう。
しかしイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲン作用を邪魔する働きがあり、これが乳がんの予防につながっているのではと考えられています。

実際にイソフラボンは大豆製品に多く含まれ、和食を好む日本人が摂取しやすい成分を言われています。
そのほか欧米の国に比べて日本人の乳がんの発症率は3分の1と極端に少ないことが分かります。
そのほかにもみそ汁を毎日飲む家庭をそうでない家庭においても、乳がんの発症率が違うことが分かっています。
お味噌汁など普段の食事から摂っていくことが理想的でありますが、ゆっくりと食事をすることができない方もいると思います。
そんな方はサプリメントhttp://www.kan-ya.jp/kininaru.htmlで一日に必要な量を摂ってみてはいかがですか?
食事から摂れる日は飲む必要がありませんが、仕事が忙しいときにはささっと飲めるサプリメントタイプが力を貸してくれますよ。