摂取量

イソフラボンの最適な摂取量

イソフラボンは、主に大豆製品に含まれている成分です。
今ではイソフラボンの豊富な栄養素は、食品だけではなく化粧品やサプリメントにも配合されるほど注目されています。
必要な栄養素や体にいい栄養素を積極的に取り入れることはとても重要です。
しかし、イソフラボンは過剰摂取しやすい成分なので、摂取量に気をつけなければいけません。
なぜなら、豆腐や油揚げ、味噌、醤油、豆乳、おからなど豆腐の加工食品は種類が豊富です。
そのため知らないうちに、一日の摂取量を超えてしまう場合があります。

それではどのぐらいの量がイソフラボンの摂取量としてベストなのでしょうか。
イソフラボンの一日の摂取上限は75mgとなっています。
適正な摂取量として推進されているのが40mgから50mgとなっています。
http://www.flooved.com/sextusyu.htmlにもあるように、
豆腐が半丁で40ミリグラム程度で、納豆1パックで37mgとなっています。
意外に手軽に摂取することができると感じる人が多いのではないでしょうか。

ただし和食に多く含まれるため、洋食メインでは摂取しにくくなっているのが現状です。
そのためサプリメントで摂取する人も増えています。
サプリメントではイソフラボンだけを摂取することができますが、1日30㎎と決められています。
食生活の中でこの成分は身近なもので、摂取量を低く設定されています。
サプリメントタイプは手軽に摂れるのでついつい過剰摂取をしてしまう方がいますが、過剰摂取するとhttp://www.civilitasresearch.com/hukusayou.htmlに載っているような副作用が現れることがあります。
体に良い成分ですが、摂り過ぎると体に悪影響をもたらしてしまうので摂取量はきちんと守るようにしてください。

イソフラボンと相性の良い成分としてカプサイシンがあります。
このカプサイシンは主に唐辛子に含まれている成分で、同時に摂取することで育毛効果が期待できるといわれています。
なので、薄毛や抜け毛に悩んでいる方は是非、カプサイシンと一緒に摂ってください。