摂取量

イソフラボンの摂取に関して

イソフラボンは体にいいものをとして認識されるようになりました。
主に大豆に含まれていますが、そのほかにもピーナッツなどにも含まれています
体にいいものは誰もが積極的に取り入れたいと思うでしょう。

そこで多くの人が勘違いしがちなのが、体にいいものはいくらでも摂取しても問題ないと思っていることです。
イソフラボンに限らずですが、適度な摂取ということが重要になります。

そこででイソフラボンはそのぐらい摂取するのが理想的なのでしょうか。
その事を知っておくことで、過剰摂取することなく、体にも有効的に働きます。

イソフラボンの摂取は上限が決まっていて、1日75mgといわています。
それ以上の摂取は過剰摂取になり、体に悪影響を与えてしまいます。
手軽に摂取できるサプリメントでは、1日30㎎を上限とされています。

ただし細菌の食生活は和食が少なく洋食メインなので、意識的に摂取しなくては必要摂取量はクリアできません。
1日摂取したい量は40mgから50mgといわれています。

例えば40mg摂取するためには、1日豆腐を半丁もしくは豆乳を200mlを一本ぐらいと相当します。
それにおみそ汁や納豆などを組み合わせるだけで、1日の摂取量は十分クリアできます。